おこめやノート *suzuki-kometen*
suzukome.exblog.jp
Top
カテゴリ:オープンまで(April/2005)( 26 )
|
|
2005年 04月 12日 |
もうすぐ、もうすぐ・・・と思っていたオープン日を明日に迎えました。
大学入試前のような、社会人となって初めて出社するときのような気分・・・なんだかそれとも違うような気がしますが、ここ数年味わったことのない感じでしょうか。。。

仕込み準備の合間に撮った写真です。

b0067642_22282252.jpg

↑おむすび柄の手拭いを額に飾って。さて、お店のどこにあるか・・・ご来店の際に探してみてくださいね。(額は木工家の叔父が作ってくれました。他にも釜柄のもあります。)
b0067642_2229050.jpg

↑スープケトルとメニューボード。右側のは娘のいたずら書き。
b0067642_22291090.jpg

↑お米屋ですが、カフェなのでこんなものも。これはティータイムに売っています。
お飲み物と一緒にどうぞ。

昨日、今日と納得のいく白米を炊くことができてホッとしました。
みなさんからのアドバイスや励ましのお言葉を心に刻みつつ・・・ゆっくりと休んで、明日に備えたいと思います。

それではみなさん、おやすみなさい。。。
[PR]
2005年 04月 10日 |
今週末はポカポカ暖かく、絶好のお花見日和でしたね。お花見、行かれましたか?
私達は開店準備に追われて桜が満開であることすら気がつかず、帰りの道すがら、花びらが舞い散っているのを車のフロントグラス越しに見てしばし和んでおります。

さて、『鈴木米店・おむすびカフェ』、4月13日(水)AM10:00よりオープンの運びとなりました。

ここまでおむすびカフェの構想を一緒に作り上げて下さった建築家・ノアノア空間の工房大塚泰子さん、ロゴのデザインをしてくれたHamaちゃん、アドバイザーIkuちゃん、飲食店経営のノウハウを教えてくれる実家の父と母、他ご協力いただいた皆様には本当に感謝するばかりです。
また、こちらにコメントくださる皆さんには、お料理のアイディアやヒントなどを頂き、この場で知り合えたことをとても嬉しく、ありがたいことだと思っています。最近、みなさんのブログにコメントできていませんが、帰宅後に皆さんのブログを読むのは忘れていませんよ~!

私達も最後の追い上げで毎日奔走していますが、これからが本当のスタートです。

おいしいお米を皆さんにお届けするため、現状に甘んじることなく“日々精進”の心意気で頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
今後も引き続きこちらのブログ、HPに遊びにいらしてくださいね。
b0067642_20384233.jpg

毎日、帰りが夜になるのですが、暗くなってからの雰囲気がいいのです。「夜はやらないの?」とよく聞かれます(笑)

おまけ
b0067642_20385739.jpg

厨房側から見た収納棚。普段はお見せできないので、ここだけで。
鍋やボウル、ザルなどの調理器具などを並べています。
[PR]
2005年 04月 04日 |
今日は保健所の検査と一応の工事完了日。

お店の内装の一部を少しだけですが・・・。

カウンター部分。この部分の床は工事現場の仮設足場の素材を使いました。
b0067642_2204469.jpg

らせん階段
b0067642_2212762.jpg

天井とペンダントライト
b0067642_2213772.jpg

天井とスポットライト
b0067642_2214567.jpg


外観はもう少しきれいに片付いてから、アップしますね。

明日から荷物の運び込み、厨房のセッティング、ご飯炊き&試作等々が始まります。
オープンは来週の予定で進行中。

今日は、娘の保育園の入園式でもありました。慣らし保育をしたものの、毎日大粒の涙をポロポロと流しつつ・・・ま、予想通りですが(笑)親子で新たな生活の始まりです。
[PR]
2005年 03月 31日 |
お店の工事も最終段階に入りました。(まだごちゃごちゃしてますが。)
毎日大人数の業者さんが作業をしていて、邪魔にならないようにそーっと厨房のサイズを
測ったり、写真を撮ったり。

階段から客席を見たところ。(左壁側がベンチに)
b0067642_2156055.jpg

反対に入口から奥のほうを見たところ。
b0067642_21555166.jpg


厨房で使うゴミ箱が決まらず悶々としていたのですが、サイズと雰囲気がちょうどいいのをネットで見つけました。いくつかのホームセンターを見てまわったのですが、ポリのゴミ箱ってなんであんな色をしているんだろう・・・。だったら白でいいのに。汚れが目立たないように配慮して?他にもバケツ、ちりとりも気の利いた色使いがないんだよなぁ~、掃除用具こそシンプルできれいな色にしてほしいんだよな~とぼやく私なのでした。
[PR]
2005年 03月 24日 |
全部で15席の客席スペース。
カウンターは3席あってハイスツールに。
壁に面した席は大工さんが作るベンチ6席。
そして残りの6席はおむすびスツールという名前の3本脚の低めのイス。
b0067642_23532833.jpg

小泉誠さんのデザイン、製作はBC工房さん。

作った人の息づかいやぬくもりがバーンとこちらに伝わってくるような感じ。
座面の感触がむっちり?していてミョ~に気持ちがいいのです。

まだお店の中は工事中なので、とりあえず3階の屋根裏にこじんまりと出番を待っているイスたち。座面がすりきれるくらいたくさん座っていただいて、また新しい革を張る日がいつかくるのかなあとぼんやり考えた午後のひと時でした。

BC工房 : 東京・青山、神奈川・藤野町、横浜・本牧(本牧原レンガ館1階)にあります。実際この工房に行ったことがなくて・・・いつか行けたらと思っています。
Koizumi Studio : こいずみ道具店を見ていると、木っていいな~と思います。
[PR]
2005年 03月 18日 |
「やるねぇ~、これはあなどれない。」

100円ショップの文房具コーナーでひとりつぶやく私。
b0067642_7155448.jpg

これだけ買っても900円。
しかもMADE in JAPANのいわゆる一流文具メーカーのが100円だし、この前銀座・伊東屋で買ったSTABILOのペンがここでは3本セットで100円なんて~。
今までちょっと二流品(失礼!)なんじゃ・・・と思っていたけど、先入観で物事を決めてはいけないということを改めて感じた次第です。

モノは同じなのに、高かったり安かったり、日々アンテナを張ってなきゃだめですねぇ。
ともかく、我が家にやってきた文房具たち、みんな一緒にして大事に使ってあげよう。
b0067642_716759.jpg

[PR]
2005年 03月 11日 |
お店の営業時間はAM10:00~PM4:00。
場所柄、どうしてもお昼時間がピークです。
そこで午後の時間をどうするか・・・ということをずっと考えてきました。
「お米」をテーマにしているので、PM1:30からのティータイムにはちょっとお腹がすいた時に食べてもらえるよう、おかゆやベトナムフォー、焼きおむすびをメニューに取り入れました。
どれもお米を使ったものですし、なにしろ私達が大好きなのです。

で、おかゆの試作(←オット担当)。
b0067642_20244254.jpg

とろとろに煮た白米のおかゆの上に、干しえびや干し貝柱でとった出汁にとろみをつけてあんかけにしてあります。2層になっているので、上のスープだけの味、下のおかゆの味、ふたつを混ぜ合わせた味、と3種類の味が楽しめて、美味でした。
薬味は三つ葉、ネギにしましたが、香菜もよさそう。

おかゆって奥深い・・・ウーウェンさんのおかゆの本など、面白いです。

そして、ゆったりした気分でおいしいコーヒーを。
b0067642_20252830.jpgこのたび、私達がいつも愛飲している『たべいコーヒー』さんのコーヒーを出させていただくことになりました。このコーヒー屋さんについては、また近々書かせてもらうとして・・・。






当初、お昼時間だけの営業を考えていたのですが、せっかくの空間、みなさんに使ってもらいたいとTeatimeもやることにしました。
ホッとひと息、ゆっくりと午後のひと時を過ごせてもらえたら・・・と思っています。
[PR]
2005年 03月 09日 |
ほんとうはゆったりと目的もなく見るのが楽しい雑貨。
でも今日はお店で使うものを探しに雑貨屋さんを見てまわりました。一人で行くつもりでしたが、夫も「行く。」というので一緒に。(私に任せると違う方向⇒kaorinワールドへ行ってしまうと思っているのだろうか・・・。タブンキットソウ・・・。)

で、結局、DULTONのテープディスペンサー(セロテープの台ですね。本当はなんて言うのでしょう・・・)とコースター、壁掛けフック、バンダナ、Tシャツなど、少しだけ買いました。
b0067642_15214421.jpg

コースターはインド綿のものと麻布にチロリアンテープが縫い付けてあるものを。
チロリアンテープはかわいすぎるかなーと内心思っていたら「これがいい。」と夫。

「へーっ!!!」と驚き仰天びっくり。チロリアンテープですよ、だんなさま!!
意外でしたが、私も気に入ったので即決。2人の趣味が似ていないので一致した時は即購入です。(でもこれ、自分で作れそう・・・)

この壁掛けフック(上の木製)も気に入ったので、お持ち帰り。
b0067642_15224637.jpg

私はかご・かごバック・フック・布を見るとどうしようもなく買いたくなる性分です。

去年の今頃、アメリカに行ったときに買った自分へのお土産のフック(写真下の4つ)。
なぜにフック?重かったけれど大事に持って帰ってきました。
いつか使ってあげようと思いつつ、ずっとそのままだったのですが、今回ようやく使えそうです。どこにつけて何をかけようか考えるのもまた楽しいものです。

みなさんも、そういう好きなモノってありますよね?
[PR]
2005年 02月 28日 |
着々と進められているお店の工事、通りすがりの人も「何ができるんだろう~。」
といった顔をしているので、週末を使ってポスター、チラシ、メニューなどを作成。

ポスターにお料理の写真がないとさみしいねぇ・・・ということで、素人ながら、試
行錯誤で写真を撮りました。あ~、新しいデジカメほしいー。
(今日はルク鍋で桜えびの炊き込みおむすびです↓)
b0067642_15442574.jpg

出来上がってみて、やっぱり小鉢をつけよう~、とかサラダはもっとたくさんね~、
などということになり、ほぼ固まっていたメニューに追加変更。
懐かしい、優しい味のするおウチごはん、おいしいお米をいっぱい食べてほしい・・・
それが私達の願い、あと1ヶ月がんばりまっす!

b0067642_1537214.jpg友達のデザイナー・Hちゃんから、おむすびの包装紙のデザインが届く。どれもかわいくて、選ぶのに迷ってしまう。嬉しいな~。
[PR]
2005年 02月 26日 |
先日のかっぱ橋でルクルーゼのお鍋を購入したとき、お店のことを話していたら、店員さんに↓これをおすすめされました。
b0067642_1019651.jpg

お店ではガス釜で一気に2升半炊くのですが、何しろ厨房が狭いので炊き上がったごはんを一気に飯台に移すスペースが無いし、大きい杓文字でいちいちお櫃などに移すにも時間がかかる。それに内釜にこびりつくお米がもったいない・・・と思っていたところ、このライスクロスを内釜に敷いてそのまま炊けば、炊き上がったらクロスの四隅を持ち上げて取り出すことができるという優れもの。(厚生省食品衛生法適合商品です。)
内釜についたお米を捨てずに済み釜を洗う水も節約できる作業時間のロスも防げて・・・さらに説明書には「従来よりもおいしく出来上がります。」ですって。

まだ業務用炊飯釜が使えないので、使用感はお伝えできないのが残念ですが、でもでも・・・こんなところで、エコライフできそうです。
ビスケさんの地球お助け隊には共感するところ多く、小さいことでも自分なりにエコロジーを考えたいです。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Warmth Skin by Sun&Moon